「塩昆布を活用して、家族の笑顔を増やしたい」

私はスーパーに買い物に行くと、まず最初にパンの売り場をチェックします。その理由は、私のお気に入りのパンが売っているかどうかを確かめるためです。
私が最近ハマっているのは塩昆布が細かくなって、モチモチとしたパン生地に練り込まれているスティックパンです。
「塩昆布」というと和食の献立に登場するものだとばかり思っていましたが、パン生地の中に練り込まれていても昆布のうま味と塩気が癖になる美味しさで驚いてしまいました。
まさか、塩昆布がパン生地に使われるなんて思いもよらぬことでしたが、食べてみると美味しくて感動してしまいました。
私は元々、昆布や海藻類が好きでした。とろろ昆布はお味噌汁やおにぎりを包む時に使って、ワカメやひじきを練り込んであるスナック菓子も好きでした。
今度、ホットケーキを焼く時に生地の中に塩昆布を細かく刻んで焼いてみようかとか、クッキー生地の中に入れてみようかとワクワクしながら頭を巡らせています。
我が家の食卓に新しい形で塩昆布が登場し、みんなの美味しい笑顔が見られるかと思うと楽しみが大きく広がります。

「塩昆布を活用して、家族の笑顔を増やしたい」