未だにこういうことをする人たちがいたんだ

先日、友だちと遊びに出かけていたときに、絶滅危惧種のようなヤンキーを見かけてしまいました。
ヤンキー、DQN…どちらも言葉の響きとしてはちょっと古めかしさを感じてしまいます。
でも、こういう生き物というのは、ネットなどで散々な言われ方をしているにも関わらず、未だに絶滅せずに生き永らえ続けているらしいです。
私たちがその日に見かけたのは、原付に二人乗りをしている10代後半から20代前半くらいの男性二人でした。
髪の毛は明るい茶色で、二人ともそろってヘルメットを着用していませんでした。
そして、発進する前には盛大にエンジンをふかして音を立てつつ、車列が切れるのを見計らって信号無視を繰り返していました。
見ている間にあれよあれよと軽犯罪を重ねているのですが、もちろん警察官に見つかれば切符を切られて罰金は免れない行為です。
というか、「いまだにああいうことをして恥ずかしくないのかな」とさえ思ってしまいます。
もしそういう行為を格好良いことだとしてやっているのであれば、本当に頭が悪いのではないかと思うんですよね。http://www.goteborghorseshow.co/cathing-kinri.html

未だにこういうことをする人たちがいたんだ

いまだにiPod classicを使っている人もいるんだな

先日、電車に乗っているときに、久しぶりにiPodで音楽を聴いている人を見かけました。
それもiPod touchではなくて、ぐりぐりとしたホイールのついたiPod classicで、です。
まだスマホを持つのには早い小さな子どもが、iPod touchを持ってゲームをしたりしているのを見かけることはあったりします。
でも、未だに音楽プレイヤーとしてiPodを使っている人というのは、最近ではめっきり少なくなっているのではないでしょうか。
私も、ほんの数年前までは、外出するときには肌身離さずiPodを持っていました。
しかし、スマホでも音楽が聴けるようになり、ハードディスク上だけではなく、クラウドでデータを管理するようになってからは、段々と音楽を聴くスタイルも変化してきました。
使わなくなってしまったiPodは、数年前に前から欲しがっていた従兄弟にあげてしまいました。
その従兄弟も、スマホを買ってもらい、iPodを使わなくなって久しくなると思います。
久しぶりに目にした昔ながらのiPodを見て、なんだかちょっと感慨深いものがありました。

いまだにiPod classicを使っている人もいるんだな